メーカーおすすめの熱交換器

様々なモデルを取り揃えています

世界中の企業をサポートするアルファラバルとは

time 2021/07/03

世界中の企業をサポートするアルファラバルとは

アルファラバルは1883年に創業されたスウェーデンの老舗企業で熱交換器や遠心分離機、流体移送器の分野で世界的なシェアを占めています。この会社はもともと、牛乳からクリームを分離するための遠心分離機を製造するメーカーとして始まりました。1901年にストックホルムの証券取引所に上場すると、第一次世界大戦後には南アフリカやオーストラリアなどにも進出します。1938年に熱交換器の製造を始め、1971年にデンマーク企業を買収して流体移送器の製造を開始しました。

アルファラバルの売上のうち44%は熱交換器であり、遠心分離機と流体移送器がそれぞれ18%と23%を占めています。同社の製品は食品や飲料、医薬品の他にもエネルギーや製鉄など様々な産業において不可欠な存在です。1978年には日本法人も設立されており飲料や医薬品、空調やエネルギーなどの関連企業が主な顧客となっています。アルファラバルは2000年代に入ってから海洋環境の保護にも力を入れており、化学薬品を使わないバラスト水処理装置は主力商品の1つです。

舶用業界向けの製品・サービスも100年以上にわたって提供してきた歴史があり、化学薬品を使わないバラスト水処理装置は同社が開発して世界で初めて市場化しました。アルファラバルにはエネルギー事業本部とフード&ウォーター事業本部、マリン事業本部という3つの営業部門が存在します。世界の約100か国で事業を展開しており、熱交換器などの分野で世界的なトップ企業として活躍し続けています。アルファラバルのことならこちら

down

コメントする