メーカーおすすめの熱交換器

様々なモデルを取り揃えています

熱交換器 スケールについて

time 2021/08/03

熱交換器 スケールについて

熱交換器は、異なる温度の流体(液体・気体など)を流し、目的の温度まで加温したり、冷却したりするために使われる装置です。この装置は、エアコンや車、給湯器など様々な場所で使用されています。熱交換器を長期間使用していると、性能が落ちてくることがあります。その要因の一つとして、スケールの発生があります。

熱交換器スケールとは、配管内に析出した付着物のことで、カルシウムやマグネシウムが主成分と言われています。熱交換器には、熱を交換する媒体として水が用いられており、水には微量のカルシウム、マグネシウムがイオンとして含まれています。これらのイオンが温度変化やpH変化の影響を受けると水中に溶けていることが出来なくなり、結果として配管の壁面に析出・付着し、スケールになってしまいます。熱交換器スケールが発生すると熱交換器の性能に影響を与えます。

あるサイトによると、厚み0.5mmのスケールが発生するだけで、消費エネルギーが6割増加してしまうそうです。そのため、水が通る配管は、定期的に清掃することが必要となります。ただし、スケールはブラシなどで機械的に落とすことは難しいため、専用の洗浄液を使用することが多いです。スケールの主成分が金属であるため、強酸性の洗浄液が効果的です。

スケール用の洗浄液はいくつかのメーカーが販売しております。尚、この洗浄液は強酸性なので取り扱いには十分注意が必要です。熱交換器の調子が悪い時は、熱交換器スケールの発生を疑い、対応することで交換器の性能が改善するかもしれません。熱交換器 スケールのことならこちら

down

コメントする