メーカーおすすめの熱交換器

様々なモデルを取り揃えています

熱交換器 スケールによるリスクを避けるには

time 2021/08/09

熱交換器 スケールによるリスクを避けるには

熱交換器を長期にわたり稼働していると経年劣化が進み、何かとトラブルも発生しやすくなるのが通常です。例えば熱交換器スケール付着によるトラブルは典型的。熱の流動を妨げて十分な熱量を製造ラインなどへ供給できなくなり、生産効率も低下してしまいます。さらに放置していると、機器内部に腐食や貫通割れなどを招き、液体漏れで生産現場が停止に追い込まれることもあり得ます。

産業現場では熱交換器は汎用性が高く、製造業を中止に欠かすことの出来ない、重要な機器。少しでも稼働できなくなれば、産業現場全体に深刻な事態をもたらします。このようなリスクを避けるなら、まずは定期的な点検が欠かせません。そしてちょっとした熱交換器スケールの付着も見逃さずに、速やかにクリーニングすることが肝心です。

もし深刻な異常を発見したり、突発的なトラブルに直面した場合に備え、できるだけ迅速に対応できる体制づくりも必要になります。人員や技術など自社で備えることが難しいならば、外部の専門メーカーと提携し、点検やメンテナンスを含めた環境を整えておきましょう。さらに熱交換器の導入時点で、トラブルの発生しにくタイプを選ぶことも大切です。例えば乱流促進構造を特徴とするプレート式であれば高い熱効率を実現できる上、自己洗浄機能によってスケール付着も抑制するので、まさに一石二鳥です。

もちろんこのタイプで実績の豊富な専門メーカーであれば、スピーディーで確実な熱交換器スケールを期待できるでしょう。

down

コメントする