メーカーおすすめの熱交換器

様々なモデルを取り揃えています

プレート式熱交換器 メンテナンスで困ったら

time 2021/08/24

プレート式熱交換器 メンテナンスで困ったら

熱交換器の周囲から液漏れしている、生産ラインに十分な熱量が供給できない、プレート式熱交換器を導入している産業現場では、こんなケースがあるかもしれません。プレート式熱交換器は通常のタイプと比べれば、高い熱効率を誇る上、トラブルが発生しにくいことで知られます。その理由は乱流促進構造と呼ばれる、独特な仕組みによります。これは伝熱プレートをヘリンボーンパターンなど波形状に加工し、流体を意図的に乱すことで、温度の均一化と速やかな伝導を目指したもの。

同時に流体が乱れることで、伝熱プレート等など内部にスケールが蓄積しにくいのも、見逃せないメリットです。この自己洗浄機能があることで、スケール付着による熱効率の低下をはじめ、スケール蓄積による腐食や貫通割れといった深刻なケースまで、様々なトラブルを未然に防ぐことが可能です。そもそもプレート式は可動部がほぼ無い上、部品も少なく構造がシンプル。仮に突発的な熱交換器メンテナンスが必要になっても、スピーディーな対応が期待できます。

しかしそんな優れたプレート式であっても、長年にわたり稼働し続けていれば、やはり経年劣化などによって様々な異常が目立ち始めます。熱効率が極端に落ちた、機器から液漏れするなど、こんなケースに直面したら、速やかに熱交換器メンテナンスすることが求められます。もし自社でスタッフや技術を準備できないなら、専門メーカーへ依頼することが大切。プレート式で実績のあるメーカーであれば、迅速かつ的確に熱交換器メンテナンスをしてもらえるはずです。

down

コメントする